名づけ−知っておきたいポイント

名づけに際してぜひ親として知っておきたいポイントを以下にまとめておく。出生届の窓口でのスムーズな受理、後々の名前に関する諸問題発生をできるだけ予防するためなど知っておきたい基本原則だ。

1.名前に使える字を使う
:法律上、名前に使える字は制限がある。使用できる漢字は、一般社会における漢字使用の目安とされている常用漢字と人名漢字に限られる。算用数字やアルファベットやアラビア数字、ローマ字そして記号などは使用できない。

2.読みやすい名前
:漢字には制限があるがその読み方に制限はない。しかし名前は日々使うものであり、できる限り読みやすい名前がよいだろう。毎度読み間違えられる名づけでは、あまり子供にとってよい影響は与えないだろう。口頭、とくに電話で説明がしづらい漢字や読み方もなるべく避けることが賢明だろう。

3.性別がわかりやすい名前
:最近の人気がある名前には性別がわかりづらいものがある。女の子の場合とくに防犯上わざと性別がわかりにくい名づけをするケースがあるようだが、なるべくなら性別がわかりやすい名前が望ましい。

4.発音しやすい名前・聞き取りやすい名前
:必ず何度か発音して言いづらくないか、聞きづらくないかを確認しよう。一般的に、発音しやすい名前=聞き取りやすい名前となる。また濁音は少な目がよい。多いと発音しづらく、イメージもあまりよくないだろう。

5.読み間違いされにくい名前
:読み方が複数あると、どうしても読み間違いされることが多くなるだろう。何度も繰り返して読み間違いされることは子供にとってあまりよい影響はあたえないだろう。できるだけ読み間違いされにくい名づけを心がけよう。

6.縦割りにならない名前
:縦割りとは、名字・名前のすべてが偏とつくりに分かれてしまうことをいう。これはとてもバランスが悪く見えるので、できるだけ避けたいものだ。

7.文字数のバランスを考慮する
:1字の名字に1字の名前や3文字の名字に3文字の名前などというケースはバランスが悪いだろう。名字と名前のバランスも考慮したい。

上記の条件を、すべてを満たすということはなかなか難しい場合もあるだろう。しかし赤ちゃんにとっては一生のことなので、よく考慮されることが望ましい。



http://champi.info/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E5%8A%B9%E6%9E%9C/

名前の変更

名前の変更はできないと考えておいた方がよい。万が一どうしても変更したいときは、家庭裁判所への変更申し立てが必要となる。原則として社会生活に著しい支障があると判断されない限りはまず変更は認められない。

名前の変更はとても難しい申請のひとつだ。

反社会的な名前はもちろん、奇抜すぎる名前や後々問題が生じる可能性が考えられるような名前はやめたほうがよいだろう。

そういえば十数年前の悪魔ちゃん命名騒動を覚えているだろうか?
自分の赤ちゃんに悪魔と名づけようとして当時大騒動になった事件だ。結局、亜駆と名づけられた子供は、その後、父親が覚せい剤で逮捕され、両親が離婚、現在は養護施設にいるようだ。これはとても特殊な例かもしれないが、親としての自覚・責任感などは感じられるだろうか?

名前は一生涯毎日使うものだ。決して一時の突飛な考えとか安易な気持ちでなく、子供が将来名前の変更が必要にならないよう、ぜひ親として自覚を持って、慎重のうえにも慎重に、責任をもって名づけてあげてほしい。

出生届

赤ちゃん名づけの出生届ポイントを整理しておく。

出生届は赤ちゃんが誕生したときに行う名づけを含む手続きで、戸籍法で規定されている手続き。


<届出義務者>
:基本的に両親にあるが、母体保護の観点からも、特別な事情がなければふつう父親が届けることが一番自然といえる。

<提出の期限>
:出生の日から14日以内(14日目が土日や祝日の場合は延長される)
また国外で出生の場合は3ヶ月以内

※正当な理由があれば14日をすぎても受付けてもらえることもあるが、単に
仕事が忙しいとか風邪引いたという程度の理由では認めてもらえないので 注意が必要。

<提出方法>
:出生届を持参または郵送
届出用紙は各市町村役場の戸籍係窓口また総合病院や産院にも用意されている。

<提出先>
:対象者の所在地、子の本籍地または出生地のいずれかの市町村役場の戸籍係窓口、すなわち全国どこの市町村窓口でもよい。国外では大使館、領事館に届出できる。

窓口では、使用禁止の漢字などのチェックがされる。
 
もしなにかの拍子で最悪、再提出となっても対応できるように、少し期限には余裕をもって届出しよう。

<提出枚数>
:本籍地以外での届出では2通提出する。1通は届出した役場で保管、もう1通は本籍地役場へ送付されて保管される。双子の場合は当然ひとりずつ届ける必要がある。

<その他>
・出生届の右半分には出生証明がついている。生まれたらすぐお医者さんや助産婦さんに記入しておいてもらおう。

・出生届の提出のとき、母子手帳を持参すると、記入に誤りがないか確認してもらえるので安心。届出の際、母子手帳についている出生届照明に印を もらおう。

・新生児出生通知書(母子手帳についているハガキ形式のもの)を切り離 し、ポストへ投函しておこう。




http://www.iwanttoloseweight.info/2014/04/21/%E9%9D%92%E6%B1%81-%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81/

赤ちゃん名づけの考え方

よい名前の基準や条件は、様々な解釈があるようだ。

以下に一般的な解釈をあげみる。

たとえば、本人が気に入っている(気に入ってくれそう)、他人に違和感を与えない=読みやすいとか不快な漢字がないなど、字画が良い、名字との調和やバランスがとれている、他人が憶えやすいとかよい印象が残る名前等々といわれる。

個々の姓名判断にも深く入るともっと多くの赤ちゃん名づけの条件がでてくる。

当マスターは、親としてひとつ、こだわりをもって名づけをされることを推奨している。

赤ちゃんが成長したときに親として話してあげられる名づけへのこだわりがとても大切ではなかろうか。

こだわりなどというと随分難しく聞こえてしまうが、にじみ出てくる赤ちゃんへの想いといえば理解していただきやすいかもしない。



http://www.deaikei-navi.net/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81.html

赤ちゃんの名づけとは

赤ちゃんの名づけは一生の問題、とても重要。信じる信じないはともかくやはり姓名判断など気になる。画数、字画などによる無料の赤ちゃんの名づけの姓名判断などを利用したり…。

子供にできるだけ良運を願うのは親心。赤ちゃんの名前は、生まれた日から日々毎日、一生涯使うもの。単に姓名判断からだけではなく、名前で赤ちゃんの人生が決まるといえる場合もあるようだ。

したがって赤ちゃんの名づけは、親にとってとても重要な任務であり、とても責任のある任務だといえる。

本サイトは、赤ちゃんの名づけ・命名のための無料情報サイトです。あなたの大切な赤ちゃんの名づけにお役立ていただければ幸いです。